外国人向け不動産屋がリアルに使う不動産用語を英語で。

unnamed

私には不動産コンサルタントとしての仕事もあります。

お客様は外国人が大半を占めます。投資用不動産の売買仲介・居住用不動産の売買仲介・賃貸仲介がメイン。

そんな僕が日頃使っている不動産用語を英語で言うと・・・というシリーズも始めて行こうと思います。

たまに外国人からの問合せがあるという不動産業者のみなさんや、外国人の友達の為に一緒に部屋探しをしている方達の役に少しでもたてればと思います。

日本語訳が不動産用語になっている可能性があるのでその辺はご了承下さい。

用語集

Price: 値段

Gross yield: 表面利回り

Net yield: 実質利回り

Occupancy: 現況

Tenanted: 賃貸中

Vacant: 空室

Address: 住所

Layout: 間取り

Sqm: 平方メートル

Structure: 構造

○ story building: ○階建てビル

Wooden building: 木造

Reinforced concrete building: 鉄筋コンクリート

Steel & reinforced concrete building: 鉄筋鉄骨コンクリート

Year built: 築年数

Maintenance fee: 管理費

Repair fund: 修繕積立金

Land ownership: 土地権利

Freehold:  所有権

Leasehold: 借地権

 

今回は投資用ワンルームマンション売買の入門編のような感じです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

吉川 晃太郎

カナダのカルガリーとトロントに合計2年間滞在。英語が全くしゃべれない状態(TOEICが300点以下)で出発する。語学学校での勉強後、現地の小さな留学エージェントで働くようになる。 帰国後、1人でサッカーボールの寄付活動をフィリピンとカンボジアで行い、東南アジアの国に興味を持ち、フィリピン留学エージェントを始める。 その後、外国人向けの不動産売買や実家のお好み焼き屋で使用しているソースも販売開始。まだまだやりたい事があるので様々な事に挑戦中。