外国人向け不動産屋がリアルに使う不動産用語を英語で。vol.2

unnamed

外国人向けに、投資用不動産の売買仲介・居住用不動産の売買仲介・賃貸仲介をやっている私が普段使っている不動産で使える英語。

今回は賃貸で使う言葉の入門編です。

前回の記事より今回お伝えする用語の方が使う機会多いと思います。

 

用語集

 

Rent: 賃料

Deposit: 敷金

Key money: 礼金

Agency fee: 仲介手数料

Move in cost: 引越し費用

Distance to the closest station: 最寄り駅までの距離

Number of resident: 入居人数

Car parking: 駐車場

Bicycle parking: 駐輪場

Move in date: 入居日

Guarantor: 連帯保証人

Guarantee company: 保証会社

Apartment viewing: 内見

Application: 申込書

Seal: 印鑑

ID: 身分証明書

Residence card: 在留カード

 

今回はこれくらいで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

吉川 晃太郎

カナダのカルガリーとトロントに合計2年間滞在。英語が全くしゃべれない状態(TOEICが300点以下)で出発する。語学学校での勉強後、現地の小さな留学エージェントで働くようになる。 帰国後、1人でサッカーボールの寄付活動をフィリピンとカンボジアで行い、東南アジアの国に興味を持ち、フィリピン留学エージェントを始める。 その後、外国人向けの不動産売買や実家のお好み焼き屋で使用しているソースも販売開始。まだまだやりたい事があるので様々な事に挑戦中。