ゴールデンウィークに1週間だけ留学?

unnamed

毎年ゴールデンウィークを利用して、フィリピンのセブ島へ英語勉強しに行く方がいらっしゃいます。

1週間だけ行って意味あるの?という声も聞こえますがどうでしょうか?

今回はGWに語学留学することについての記事です。

 

どんな人が向いているのか

 

こんな人にゴールデンウィーク留学は向いています。

  • せっかくの休暇を価値のある休みにしたい方
  • 普段使っている英語をブラシュアップしたい社会人の方
  • ワーホリや長期留学前に海外留学とはどんな物か体験したい大学生の方
  • 海外旅行に行きたいけどいつもと違う形の旅行がしたい方

こんな方々がいらっしゃったら、是非一度GWに1週間ほどフィリピンのセブ島への短期留学へ行ってほしいです。

理由としては下のメリットの項目をご覧いただければと思います。

 

メリットは?

 

私が考えるメリットは、

  • 短期でも授業がしっかりと組まれているので英語力が上がります
  • 同じ考えの新しい友達(仲間)ができる
  • リゾート地なので娯楽もたくさんある

リゾート地でもあるセブ島は、授業の組み方次第で自分のペースで勉強と遊びができることが良い点。

また週末、もしくは学校のプログラムが終ってからビーチ等へ出かけてリゾート地を満喫することもできます。

もし、しっかり勉強したい方がいらっしゃったら、朝から晩までみっちりと授業を組むことも可能ですので、1週間英語漬けの生活が送りたい方は是非そのように授業を入れてみてください。1週間だけでもそれなりに英語力は上がるはずです!

それと、貴重な休みを使って留学する方は意識の高い方か変人(良い意味で)です。

日本に帰ってから仕事に繋がるような友達を作るのも有りですし、一緒に呑みに行くような友達を作っても良いと思います。同じような境遇で、留学しているので気が合う人も多いと思いますので良い出会いがあると思いますよ!

 

デメリットは?

 

デメリットはそんなに思いつきませんが、あえて挙げるとすれば以下でしょうか?

  • フィリピン留学は安いというが、なんだかんだ出費が多くなる可能性がある
  • 日頃の疲れがとれない人もいるかも

私が思いつくのはこれぐらいでしょうか。

 

まとめ

 

ゴールデンウィークにセブ島へ短期留学することについて、メリット・デメリットをお伝えしましたが個人的にはメリットの多い休暇の過ごし方だと思います。

是非今年のGWのオプションの1つに、「フィリピンのセブ島で英語を勉強しながらリゾート地で楽しむ!」を加えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

吉川 晃太郎

カナダのカルガリーとトロントに合計2年間滞在。英語が全くしゃべれない状態(TOEICが300点以下)で出発する。語学学校での勉強後、現地の小さな留学エージェントで働くようになる。 帰国後、1人でサッカーボールの寄付活動をフィリピンとカンボジアで行い、東南アジアの国に興味を持ち、フィリピン留学エージェントを始める。 その後、外国人向けの不動産売買や実家のお好み焼き屋で使用しているソースも販売開始。まだまだやりたい事があるので様々な事に挑戦中。