留学中に現地の友達を作るための簡単な3つの方法

unnamed

留学前にみなさんが思うことの1つがこれ。

「現地の友達できるかな?」

実際に留学に行っても現地の友達が作れない人はたくさんいます。

では、どうしたら現地の友達が作れるのでしょうか?しかも”簡単”に。

 

ルームシェア物件に住む

 

まずこれから始めてみましょう。

初めは、ホームステイや学校の寮等に住む方が多いと思いますが、1〜2ヶ月するとその地にも慣れてきますので慣れてきたらそのような物件を探してみてください。

クレイグスリスト等のクラシファイドを使えば同居人を募集している物件を見つける事ができます。

ルームシェアにはみなさんのような留学生もいますが、現地の方も多く利用しています。

1つ屋根の下で生活することで仲良くなり友達になりやすいです。

 

無理矢理行きつけのお店をつくる

 

これもそんなに難しくない方法の1つだと思います。

近くのレストランでも個人経営のグロサリーショップでも、同じ場所に何度も行ってみてください。

頻繁に行く事で、店員の方はあなたの事を覚えてくれるかもしれません。何回目かで、「いつも来てるよね?」みたいな事言ってもらえると後は会話を始めるだけです。

そうやってその場所を行きつけにすると、そのうちプライベートで付き合える仲になる可能性もあります。

もし、あなたが仕事を探してたら運がよければそこで働かせてくれる可能性も0ではないと思います。

 

現地のグループに入る

 

グループと言ってもたくさんあります。

私がカナダに留学したり、旅行先等でグループを探す時にはmeetupを使います。

このウェブサイトを使って、自分が今いる留学地を設定して興味のあるグループを探して参加してみてください。初めてで、1人で行くのが心配だったら日本人の友達と参加してみてください。

留学が入り易い、Language Exchangeのグループもたくさんあります。

私はサッカーを日本でずっとやっていたので、サッカーのグループに入って参加してました。そこから現地のチームに誘われて所属してリーグ戦やチームのパーティー等に参加していました。

みなさんも自分が興味のあるグループに積極的に参加してみてください。

 

まとめ

 

今回お伝えしたのはすごく簡単な現地での友達の作り方です。

何も町中で知らない人に話しかける等のハードルの高いことではありません。すごく簡単なことで、少しの勇気があればできることです。

留学の醍醐味の1つは現地で友達を作る事です。

せっかく留学に来ているのでほんの少し勇気をだしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

吉川 晃太郎

カナダのカルガリーとトロントに合計2年間滞在。英語が全くしゃべれない状態(TOEICが300点以下)で出発する。語学学校での勉強後、現地の小さな留学エージェントで働くようになる。 帰国後、1人でサッカーボールの寄付活動をフィリピンとカンボジアで行い、東南アジアの国に興味を持ち、フィリピン留学エージェントを始める。 その後、外国人向けの不動産売買や実家のお好み焼き屋で使用しているソースも販売開始。まだまだやりたい事があるので様々な事に挑戦中。